87
ピーリングは、皮膚科で行われているケミカルピーリングが一般的です。しかし、皮膚科まで行かなくてもしみ消しのピーリングは自宅でもすることができます。
きちんとやり方を覚えて実践すれば、手軽に皮膚を再生させてしみを改善することができるようになります。

ピーリングのメリット

ピーリングを行うことで得られるメリットとしてはしみ消しだけではありません。ほかにも、くすみを除去することができ肌の印象を明るくすることができたりニキビ予防などについても効果があります。

きちんと行うことができれば、化粧のノリをよくすることも期待できるという点もメリットといえるでしょう。
しかし、ピーリングをするにあたっては、間違ったやり方を行ってしまうと肌にダメージを与えてしまうこともあります。ですので、デメリットについても把握しておき、間違ったやり方を行わないようにして注意しなければなりません。

ピーリングのタイミング

ピーリングを行うタイミングについてですがこれは目安がきちんと決められています。目安としては週一回程度となっていますので、頻繁に行わないようにしましょう。やりすぎると効果がなくなってしまうどころか悪影響を及ぼすことになってしまいます。これは、ピーリングを行う目的はもともと古い角質を落とすために行いますがやりすぎると古い角質だけではなく新しい角質も傷つけることになってしまいます。
その結果として乾燥肌や敏感肌などの肌質になってしまうこともありますので行うタイミングはしっかりとしておきましょう。

ピーリングのやり方

もう一つ、ピーリングのやり方の中にはこするという動作を行うものもあります。しかし、こすって角質をはがすタイプのやり方についてはできればあまりすすめられないことがいえます。こすることで、確かに角質は落ちやすくすることができます。しかし、みだりにこすることによって肌へダメージを与えてしまうことが多いです。頻繁にこすると色素沈着が起こってしまい、だんだん肌が黒ずんできたりシミができてくるようになることがあります。ですので、肌に優しいタイプのピーリングを行うことも大切といえます。