肉割れ 原因
肌にできると嫌な肉割れ、肉割れができてしまった肌はその部分だけ目立ってしまいます。
肉割れができる前に肉割れの原因と妊娠するとできやすくなってしまうという妊娠線について違いを調べました。

肉割れができる原因

肉割れは肌に放射線状に赤黒く線が浮き出てきたり、白っぽく光る線が肌に浮き出てきてユウウツになってしまいますね。
肌の構成は表皮と、真皮と皮下組織の三層から成り立っています。
表皮は肌の一番表にあり弾力性があります。

その下の真皮はコラーゲンなどで出来ていて、肉割れのできる仕組みは妊娠時や成長期、体重の急激な増加などにより、表皮の下の真皮が引っ張られて負担に耐えられず裂けてしまうことで起こります。

表皮はある程度伸びるのですが、真皮はそれについていけないため裂けて痕に残ってしまうのです。
真皮が裂けると赤黒い蜘蛛の巣状の線が現れて肌にデコボコが出来ます。
赤黒い色は時間が経つと色が薄くなって茶色や白っぽい色にまで目立たなくなりますが、デコボコになってしまった肌の正面は治りません。
肉割れを起こさないようにするには急激に太らないことが大事ですが、真皮層にコラーゲンを与えて不足しないようにしなければなりません。
また表皮からの保湿も効果的です。

肉割れと妊娠線の違いは?

妊娠線と肉割れの症状はほとんど同じです。

妊娠線は妊娠中に出来るため肉割れとは区別して妊娠線と呼びます。
両者とも急激に身体に脂肪が付き、胸やお尻、太ももの真皮が裂けることで起こります。
表皮は伸縮性があるのである程度は伸びますが、真皮層はほとんど伸びません。
そのため力がかかると真皮の繊維が裂けて表皮の下で傷になり痕が残ります。

その痕は薄くはなりますが完全には消えません。

妊娠線は妊娠すると女性ホルモンの活動が妊娠へ集中し、普段行われている肌へのサポートが行き届かなくなります。
その結果肌の保水力が減り肌が乾燥しやすくなることも真皮が裂けやすくなる原因の一つです。
肉割れも妊娠線と同じように急激に真皮の繊維に負担がかかり裂けてしまうことで起こります。

肉割れは急激に太ってしまったり、身体の特定の部分だけの筋肉を鍛えすぎて皮膚が引っ張られ、真皮に無理な力がかかることで起こります。
両者とも真皮に急激に負担がかかると共に乾燥や血流の悪化、身体の冷えなどの複合的な原因で悪化します。
まず急激に真皮に負担をかけないように心がけて保湿を欠かさないようにして予防しましょう。