中性脂肪が高いと大変なことに

40
中性脂肪が高いと会社の健康診断に引っかかります。
健康診断に引っかかると、再診断だったり病院に通うことも・・・・
そうなると病院に行くために時間をわざわざ作ったり、会社を半休やお休みをとならいといけません。
そうなると会社に迷惑がかかります。

引っかかってくれると良いのですが、中性脂肪が引き起こす病気というのは怖いのです。

40
中性脂肪が引き起こす病気は、すぐに大きな病気になるわけではないのです。病気としては、脂質異常症・動脈硬化・脳卒中などいろいろな病気があります。
こういう病気なので気が付かないうちに侵攻して、気が付いた時は大変な病気ということです。

健康診断でひっかかるのも嫌ですが、大きな病気になる前に予防したいですよね。

53
そこで注目されているのが
消費者帳許可特定保健用食品
イマークSです。

イマークSとは血中中性脂肪が気になる人が
EPAとDHAを毎日飲み物で手軽にとることができます。

>>>イーマークS早速見る

イマークS中性脂肪低下に効果があるのか

【質問】
イマークSがなぜ中性脂肪低下に効果があるのか?
【答え】
イマークSに入っているEPAとDHAは継続して、体に摂取することで血中中性脂肪を低下させる作用が認められているのです。
54
EPAとDHAは青魚(イワシやサバなど)に入っている成分。

だけど、今の現代で青魚をたくさん食べることは大変です。
青魚が苦手な人にとっては拷問ですよね。

そこでEPAとDHAを毎日摂取できるようにイマークSは美味しく手軽に飲めるようになっています。

データーでも、血中中性脂肪を低下させることができたというのがあります。

55

毎日青魚を食べることは、青魚を料理することです。青魚を焼いたり煮たり料理をすることも大変ですよね。しかし、イマークSなら飲むだけなので時間をかけずに手軽にできるということで評判も良いです。