うちの子は小さき時ご飯(いわゆる白米)があまり好きではないようで、いつもおかずばかりパクパクと食べていて、ご飯がなかなか進みませんでした。

そんな時の対策法として、うちでやっているのは「小さな一口サイズのおにぎりを作ること」です。お茶碗にご飯を盛ってハイ!と渡すより、一口サイズの可愛いおにぎりを作ってハイ!と渡す方が子供の反応が良いことに気づいたのです。味付きのおにぎりにすれば、たくさん食べてくれるのでいつもこの方法で何とかご飯を食べさせています。子供は、ちょっとした工夫をするだけで食べてくれることがあるものなんですね。ご飯を食べてくれない、魚を食べてくれない、野菜をいつも残す。こんな悩みは必ずあるのが子育てだと思います。そこでどうやって食べさせれば良いかと、考えることも母親の役目なのかな、と思います。決して簡単なことではなくいつも苦労するのですが、食べてくれた時の喜びはひとしおです。子育ては子供だけではなく、親も成長するとよく言われますが、その通りだなと感じることが多いです。