授乳中の赤ちゃん
妊娠中はかなり体重も増えますが、出産を行うとその時点でかなり体重も減りますし、育児の忙しさなどで短期間に痩せる人も少なくありません。
特に授乳中は痩せやすい時期ともなっていますので、この時期に痩せたという人も多いのではないでしょうか。
そして、その反面、授乳中に太ってしまう人も多くいます。

授乳中に太ってしまう原因について、なる前に知っておくと予防することができますよね。
なる前に知って授乳中に太ってしまうのを予防しましょう!

授乳中に太る原因

食べ過ぎてしまう

授乳中に太る原因としては、食べ過ぎてしまうからというのが大きいです。
授乳の際は母親が取った栄養素を赤ちゃんにあげなくてはいけませんので、それだけでも普段より多くのカロリーを消費していることとなります。

それゆえ、いつもよりお腹もすきやすくなっていますが、消費カロリー以上に食べ過ぎてしまいやすいのです。栄養はしっかり摂ることが大事ですが、食事の量も食べ過ぎないように気をつけることが必要です。

また、甘いお菓子類やスナック菓子などおやつは手軽に食べれるので少しのつもりが一袋全部食べてしまったり・・・。手軽に食べれるからこそ食べ過ぎてしまうのです。甘いお菓子類やスナック菓子などおやつは、カロリーも高いため太りやすくなってしまいます。

さらに、授乳中は夜中にも起きなくてはならないなど、ストレスもたまりやすい傾向にありますし、睡眠不足にもなりやすくなります。
睡眠不足を解消することが難しいため、ストレスがどんどん溜まり。
ストレス解消で過食につながってしまう人もいます。こちらも太る要素となってしまいます。

運動量が減っている

そして、育児の忙しさからあまり外出せず、家でいることも増えますので、運動量が減ってしまうことも太ることにつながります。
育児の合間を利用して運動を行うなど、積極的に体を動かしていくことも大事です。
食べ物でストレス解消していた人が体を動かすことでストレス解消になって過食しなくなった人もいます。

授乳中に太る原因まとめ

授乳中に太ってしまう原因は、食べ過ぎてしまうことが多いです。特に睡眠不足からのストレス解消で食べてしまうと自分がどれだけ食べているのかわからないことに・・・。なのでこれから太ることを防止したい人はまずは授乳中に食べたものをメモをしましょう。

細かくカロリーなどはいらないです。

〇月〇日朝食
あんぱん 1個
玉子焼き

のように誰かに見せるわけではなく自分が食べたものがわかればいいので何でも大丈夫です。

数日経ってメモを見て振り返った時に食べ過ぎてる!!!
ことに気が付きます。
そうなった時に食べ過ぎていたら食べる量を減らすことができます。
なので、太る予防をすることができます。

また一緒に、赤ちゃんが小さいうちは抱っこしてお散歩やベビーカーで遠くの公園までお散歩など歩くようにしましょう。行ったことがない場所に行くことで違う景色を楽しんだり新しい発見をすることもできたりします。

体を動かすというと痩せるために何か運動をしないといけないような気がしますが、極端に運動をしてしまうと反対にお腹がすき過ぎてしまって食べ過ぎてしまったりします。なので無理に運動をするのではなくストレス解消もできるような体を動かすことを見つけましょう♪