妊娠中 太る

妊娠中にストレスから太るといわれています。その原因について調べました。
これから妊娠される人で太りたくない人は参考にして下さい。

妊娠中は様々な身体症状が出現します。つわりはその中の一つです。つわりは食べても吐いてしまい、病院で点滴治療しなければならない人もいます。痩せる方もいますが、空腹になると吐き気が出現し、食べると治まるといったパターンもあります。その場合はむかむかするたびに軽食を摂るので、結果太るのです。

炭酸飲料を飲むとつわりが治まる人もいます。炭酸の泡が喉をすっきりしてくれるからです。しかし、甘い炭酸飲料を少しずつ飲み続けてしまうのも太る原因です。

あっさりしたものよりこってりしたものが意外に食べやすかったりします。炭水化物もご飯の匂いが吐き気を誘引する方もいます。しかし、お好み焼きや、焼きそばなどソース系のものが無性に食べたくなり、夜に買いに行ってしまったというケースもあります。体質や食べ物の好みまで妊娠中は変わってしまうといいます。

妊娠すると腸の動きも悪くなり、便秘がちにもなります。便秘も太る原因の一つです。しかし一番の原因はストレスではないでしょうか。妊娠中はホルモンのバランスも乱れやすく情緒不安定になりやすいのです。何でもないことで不安になったり落ち込んだり気持ちが変わりやすいので落ち着かない状態です。

体も重くお腹も出てきて思うように動けなかったり、夜寝ているときは寝返りも打てず身の置き所がなく寝つきが悪かったりします。寝ているときに足がつって何度も目覚めることもあります。起きていても寝ていても様々な身体症状がつきまとうわけですからストレスは想像以上です。赤ちゃんとの対面は楽しみでもありますがお産への不安もあるでしょう。初産婦さんは特にどれだけ痛みがあるのか、どれだけ長くその痛みに耐えないといけないのか、元気な赤ちゃんだろうか。など赤ちゃんに出会うまではどこかでその不安が付きまといます。その結果つわりがおさまったと同時に食欲が抑えられなくなり太ってしまうケースが多いようです。