出産して赤ちゃんのお世話が大変な時に自分の体のことでうっとしいや、面倒になってしまうのが悪露ですね・・・。
悪露とは、出産後に身体の回復とともに子宮が収縮していきます、その時に子宮から排出されるのが「悪露」です。

その悪露がにおうやデリケートゾーンにかゆみがあると心配になってしまいますよね。
悪露には血液や胎盤などが含まれており、色やにおいで体調の変化を知ることができます。
なので、悪露によっては病院で一度相談したほうが良いものもあります。

そうではなく、デリケートゾーンににおったり、かゆみがでてきてしまう場合もあります。
におう・かゆみができてしまう原因と対策について調べました。

デリケートゾーンがトラブルになる前の予防もできますよ。

悪露は産後いつまで続く?

悪露は出産後、約一か月程度は続きます。
悪露の成分には赤ちゃんを包んでいた卵膜、リンパ液、子宮内膜の一部、血液などが含まれており、生理の時の経血に似ていますが、産後の身体が回復して来るとともに色やにおいが変わってきます。

注意したい悪露のにおい・色

下記のような悪露の場合は注意が必要です。
・産後数週間経っても強い血なまぐさいにおいがする
・悪露のにおいを悪臭と感じる、または家族などに指摘される
・悪露の色がいつまでも赤や赤褐色から薄くならない
・血の塊が出る、または急に悪露が出なくなる

産後から一週間頃は悪露に血液が多く含まれているため、真っ赤な色から茶褐色の色となり血なまぐさいにおいがします。
量も多く生理の二日目のような状態の人も多いので、赤ちゃんの世話をするとき以外は安静にしていましょう。
少し活動すると悪露の量が増えますが、これはあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

産後から二週間経つと悪露に含まれる血液の量が減るため、色も赤味が薄れて黄色っぽくなってきます。
それと同時に血なまぐさいにおいも減ってきます。

この後、産後三週目、四週目にかけて悪露の色は、クリーム色にまで薄まって来るのですが、この時期にでも大量に血液を含んだ悪露が出る場合は、
子宮内に胎盤が残っている可能性があります。

これを「訴求復古不全」と呼び、この場合は子宮の回復が遅れているので病院で相談しましょう。

上記のようなことで悪露がにおっているのではない場合、悪露ではなくデリケートゾーンが原因だったのです。
デリケートゾーンがにおってしまう・かゆみの原因について調べました。

悪露でない!デリケートゾーンがにおってしまう・かゆみの原因について


悪露のためデリケートゾーンのお手入れは生理中の時より丁寧にしないといけない!
と思ってデリケートゾーンを洗うのをしっかり丁寧、回数も多くないですか。

実はそれがデリケートゾーンをにおわせてしまう原因だったんです。

デリケートゾーンがにおわない健康な状態とは
悪露 におわない肌
潤いバリアで肌が守られています。潤いバリアのおかげで有害物質や老廃物が肌につきそうになっても守ってくれることができるのです。

悪露が気になるからと丁寧に洗いすぎていたり、回数が多かったり、洗浄する時のアイテムが悪いと洗いすぎになってしまって

有害物質を洗浄成分で流す時に一緒に、潤いバリアも流してしまうのです。

潤いバリアが無くなってしまうので、有害物質や老廃物が肌につきやすく、悪露のためムレもあるのでかゆみやにおいが発生してしまっていたのです。

特に、洗う時に
・ボディーソープ
・スポンジ
・ビデ
などは出産前は同じように洗っていても気にならなかったけど、出産後はホルモンバランスの関係で体が敏感になりやすいです。
特に元々デリケートゾーンは肌が薄いため洗浄成分や少しの刺激でも肌の潤いが無くなりやすいのです。
だから、デリケートゾーンを洗いすぎてしまって潤いバリアを無くしてしまうと、有害物質や老廃物がつきやすくなってしまってにおいやかゆみの原因になってしまうのです。

デリケートゾーンは専用のソープを使いましょう!


悪露の時におすすめのデリケートゾーン専用のソープはアンボーテフェミニーナウォッシュです。

デリケートゾーン専用なので洗浄成分も強すぎません。だから安心して悪露の時もデリケートゾーンを洗うことができます。また、基準の高いオーガニック成分でつくられているので自分だけでなく、赤ちゃんのボディーソープとして使っているママも多いのです。もちろん、赤ちゃんに使えるくらいなのでデリケートゾーンだけでなくママの体全体のボディーソープとしても使うことができます。

住谷杏奈さんがプロデュースしたボディーソープのため、同じママ目線で作られているからママと赤ちゃんに必要なソープとはと思って作られているというのもママたちから支持されているポイントです。

デリケートゾーンがかゆみやにおいが気になるのは女性としてもママとしてもちょっと・・・悩んでしまいますよね。
かゆみやにおい悩むよりも、さよならしましょう!
ママたちに人気のデリケートゾーン専用ソープはこちら